キルギス周遊(1)~ 出発,また出発

 去年キルギスに来たときは完全にサクラゲストハウスに沈没していたので,今年はしっかり出歩こうと思っていた。ところが,最初すぐにソン・コルに行った後は,結局サクラに居座ってしまった。気がつくと2週間まったく何もしていない。いったい僕は何をやってるんだ。これではいけないと天候が安定するのを見計らって重い腰を上げ,キルギス周遊の小旅行に出発した。
 ちなみに今回の周遊旅行,序盤は同行者がいる。サクラに泊まっていた日本人旅行者のユリさんという,ヨーロッパ在住,才色兼備のスーパーレディーだ。ユリさんとは途中までの道程が同じで,無理矢理(?)誘って途中まで一緒に行くことになった。

 出発当日は天気も上々,サクラで仲良くなったみんなとの記念撮影の後,門で見送られながら宿を後にした。キルギスを一周して戻ってくる頃には彼らはみんな別の場所へ移動しているはずで,ここで再び出会うことはもうないだろう。
 宿からはバスターミナルへ移動して乗合いのミニバンに乗った。目指すはキルギス中西部の山間にあるトクトグルという小さな街だ。ミニバンは快調にビシュケクを出発してトクトグルに向かった,と思いきや,ビシュケク市内のとあるバザールでしばし停車。満員の車内に更に客を積み増して,ようやくビシュケク市内を出た。

 途中何度か休憩を挟んで,ミニバンはとある集落を通り抜けた。進行方向には高い山々が連なり,その頂は雪に覆われている。天気がいいので青空に雪山がよく映える。この日のルートの目玉であるチョル・アシュー峠越えは標高3200メートルの地点を通る。あの山々のどこかにその峠があるのだろうと思っているうちに,車は減速し,そのまま道路脇に停止してしまった。集落の出口で警察の検問があり,他の車とともに我らがミニバンも停車させられたのだった。

 初めは検問なんてすぐに通過できるものと思っていたけれど,しばらくするうちにドライバーがパトカーの中へ連れ込まれてしまった。免許証がなかったのか,はたまた営業許可証を取っていなかったのか,詳しい事情はわからなかったけれど,とにかく何か問題があったのは確かなようだった。
 他の車は普通に免許証を見せて通過していくのに,僕らのドライバーは30分以上経っても戻ってこなかった。やっと戻ってきて車のエンジンをかけたと思ったら,なんと彼はもと来た道へ車を返し始めたのだった。どうやら,この先へ進むことは許可されなかったようで,他の客も全員どうすることもできないまま,ミニバンはビシュケクへ戻り始めた。
 交通量の少ない小さな集落だったので別の車を拾うこともできず,やむなくビシュケクへ戻る以外に選択肢はなかった。
e0105808_17164443.jpg

 他の宿泊客と記念撮影をし,握手を交わし,門の外まで見送られて出発したサクラゲストハウスに,その日のうちに戻ったときの気分をなんと言い表せばいいだろうか。ちょっと照れくさくて,でもみんなの驚く顔も楽しみな,そんな気持ちで再びサクラの門をくぐり,もう会うことのないはずの仲間たちにあっけなく再会。案の定,みんな呆気に取られた顔でこっちを見ているのが可笑しかったけれど,さすがにぐったりと疲れも感じた。サクラのオーナーからは,そんな事情で戻ってくるのは前代未聞ですよと言われてしまった。


 一夜明けて翌日,今度こそ戻ってくるなよというみんなの声を背に,再びバスターミナルへ向かった。この日は後の行程を考えて,前日の目的地の少し先の街まで行くことにした。乗合いタクシーと面倒な値段交渉を終え(ただし積極的な性格のユリさんが交渉してくれたので,交渉下手の僕は見てただけ),いよいよ出発。この日は寄り道もなくビシュケクをすぐに出た。

 前日の検問エリアには,この日は警官はいなかった。難なくそこを通過し,いよいよ車は山の方へ突っ込んでいく。次第に高度を上げながら曲がりくねった道を進むにつれて,周囲の景色もダイナミックに変化していった。
 最初のうちは山があり,川があり,草地にところどころ林があったのが,標高が上がるにつれて木がまばらになっていく。草地に咲いている花の種類も変わっていくので色彩が変化する。山自体も形や日の当たり具合で印象が変わるので,見ていて飽きることがない。どんどんと走り続けるうちに,遂に最高地点であるテョル・アシュー峠に到達した。ここの標高は3200メートル。峠本来の最高地点は3500メートルを越えるけれど,全長2kmほどのトンネルが掘られていて,実際に通る道の最高高度は低くなっているのだ。
e0105808_17182471.jpg

e0105808_17191032.jpg

 トンネルを通り抜けると,一気に目の前に広大な景色が広がって思わず声を上げてしまった。視界一杯に広がる平原の向こうに,遠く小さく雪をかぶった高山が連なる。ソン・コル一帯の景色から湖をなくして草原だけにし,広さを百倍にも千倍にも拡大したような景色だった。何よりも天気がよく,鮮やかな空の青と草原の緑の間に,白い雪山が並ぶ色彩のコントラストが素晴らしかった。

 車はその草原の中をひた走る。ところどころにユルタが組まれ,馬や牛,羊が放牧されている。余りにも美しい景色が延々と,自然の風景が好きな僕でも飽きてしまうくらいに,どこまでもいつまでも続く。色の組み合わせは青と白と緑と茶色,単純なのに鮮烈。
e0105808_17202179.jpg

e0105808_17212764.jpg

e0105808_17223518.jpg

 夕日が地平線に近付く頃,車はトクトグルの街を通過した。そしてその先に,人造の貯水池であるトクトグル湖が見えてきた。この日は風がなく湖面は鏡のように穏やかだったので,夕日に照らされた山々が湖面に映り込んで美しい。ところどころで車を停めてもらい,景色を堪能した。
e0105808_17234063.jpg


 トクトグルを過ぎるとちょうど日も沈み,空が暗くなりかけた頃に目的地のカラコルという街に到着した。
[PR]
# by Asirope2 | 2007-08-05 17:26 | キルギス

お知らせ

 ビシュケクに沈没し続けるのも飽きてきたので,明日からキルギス国内をぐるっと一周してきます。ビシュケクに戻ってくるのは10日ほど後の予定で,遅くとも2週間で戻ってきます。それまではインターネットが使えず,記事の更新が止まる可能性がかなり高いと思いますので,当面は記事更新をお休みします。戻ってきてからの記事をお楽しみに!

IBA@ビシュケク
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-28 19:03 | キルギス

ビシュケクのバザール

 僕がここキルギスで色々と料理をするときに,いつも世話になっているのがビシュケク最大のバザールである“オシュバザール”だ。ここにはあらゆる食料品や花卉類,衣類,工具など,日常生活に必要な全てのものが売られている。敷地はかなり広く,端から端まで歩くと結構時間が掛かる。この中で僕がいつも行くのは,肉売り場と野菜売り場だ。

 オシュバザール自体とても活気があってビシュケクの観光名所の一つだと思うけれど,その中でも肉売り場は圧巻だ。キルギスでは肉は塊をkg単位で買うものであり,日本のようにパックに入ったスライス肉などはどこにもない。店先には2kgほどの肉の塊がいくつもぶら下がっていて,客は棒でその肉をつつきながら品定めする。奥では斧で骨ごと肉を叩き切っているのが見える。キルギス人の肉好きを強烈に思い知らされる場所だ。
e0105808_14362312.jpg

 この肉売り場では牛,羊,馬,鶏,豚と,何の肉でもそろう。大抵の店はキルギス系の人の店だけれど,豚肉だけはロシア系白人が売っている。キルギス系の人達は緩やかとはいえイスラム教徒なので,さすがに大っぴらに豚肉は売れないようだ。


 野菜売り場には色とりどりの野菜や果物が並ぶ。
e0105808_14375156.jpg

e0105808_14385640.jpg

 ときどき米を買うこともある。いろんな種類の米が並んでいて,日本と同じ種類のものもある。うまく炊けばなかなか美味しい。
e0105808_1440381.jpg

 僕はいつもだいたい同じ店で買うようにしているので,何度も行くうちに店の人と顔見知りになっていく。特に僕はキノコが大好きでいつも大量に買うので,キノコ屋のおばさんたちは僕を見ると手を振ってくれるようになった。
e0105808_14412876.jpg

 ちなみにここのキノコは1kgで200円ちょっと。僕はたいてい1kg買う。そのほかのものも相場はこんな感じ。

・牛肉1kg 550円
・豚肉1kg 400円
・鶏肉1kg 350円

・ニンジン1kg 20円
・葱一束 10円
・白菜一玉 350円

 ただし肉は骨付き。野菜は夏場は安いけど,キルギスの冬はマイナス20℃くらいまで下がるので,冬場になると野菜の値段が跳ね上がるそうだ。


 こうやってしょっちゅうオシュバザールに出かけては,晩ご飯に日本食を作るのが,僕の最近の日課になっている。さすがにそろそろ何か観光しに行こうと思ってはいる,のだけれど・・・
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-25 14:44 | キルギス

毎日がお祭り

 ビシュケクではサクラゲストハウスというところに泊まっている。ここは去年も泊まったところで,今まで旅の中で泊まってきた宿の中でも,居心地のよさは極め付けだ。ここにいるとあっという間に日が過ぎていく。他の旅行者も同じで,数週間とか1ヶ月とかいう長期滞在者も多い。

 去年ここに来たときはオーナー夫妻の子供のさくらちゃん(当時1歳)が既に看板娘になっていたけど,今年は更に看板娘が増えた。僕が到着する1週間ほど前に,二人目の女の子のそらちゃんが生まれたのだ。オーナー夫妻は子供の面倒を見るだけでも大変だと思うのだけれど,相変わらず旅行者に対しても親切にしてくれていて,居心地のよさは全く変わらない。
 下の写真は,キルギス伝統のカルパック帽をかぶった(かぶせられた)さくらちゃん。
e0105808_16511566.jpg


 このサクラゲストハウスにはキッチンがあるので,自炊好きの僕はここで日本食を作って食べるのを楽しみにしていた。キルギスに到着したその日に,もうざるそばを作っていたくらいだ。新しいコンロが入って去年より使い勝手の良くなったキッチンで,あっという間に僕の自炊生活はエスカレートしていった。
 朝起きてご飯を(鍋で)炊くのは文字通り朝飯前。中国と国境を接するキルギスでは,味噌や醤油などの食材が簡単に手に入る。日本人旅行者と日本食パーティーを開くようになるのに時間はかからなかった。

 今ここにいる旅行者の中には料理好きも多く,何人かで分担して作れば献立も豊かになる。料理をしない人も買出しや野菜の皮むきを手伝ったりしながらみんなでご飯を作る。ある日のメニューはこんな感じ。

 ・豆腐の味噌汁
 ・きゅうりとなすの浅漬け
 ・キャベツと豚肉の味噌炒め
 ・肉じゃが
 ・炊き込みご飯


 キルギスまで行って何をやってるんだと言われるかも知れないけれど,ここにいるのは半年とか1年とか,人によっては何年も旅を続けているような旅行者ばかり。しかもわざわざキルギスのような国にやって来るのは筋金入りの旅行者たちばかりなので,日本食をつつきながらみんなでワイワイやるのは話も盛り上がり,この上なく楽しいのだ。


 そして,ソン・コルから帰った翌日はこのサクラゲストハウスのオープン1周年記念パーティーだった。オーナー夫妻を入れて10人以上の料理を,宿泊者全員の総力戦で作ることになった。
 この日のメニュー;

 ・味噌汁
 ・きゅうりの浅漬け
 ・豆腐田楽
 ・ポテトサラダ
 ・鶏の唐揚げ
 ・炊き込みご飯

 前の献立と半分くらいメニューが共通しているけど,みんな好きなので気にしない。この日はバザールで鶏肉を5キロ買った。他にも大量に野菜を買い込み,午後からの下ごしらえは人海戦術。いざ調理が始まるとキッチンは戦場と化した。普段はオーナー夫妻が使う母屋のキッチンも借りて全員で奮闘すること5時間,遂にサクラ1周年特別コースが完成した。
e0105808_16521854.jpg


 この日はちょっと頑張りすぎた。ここに泊まっている旅行者には自転車で旅をしている人も多く,そういう人達は良く食べるので普段なら作った料理がすぐになくなるのに,この日は余りのボリュームにさすがに食べきれないほどだった。もっとも,翌朝には残ったものもきれいさっぱりなくなっていたけれど。


 そして1周年パーティーの翌日は,前日の料理疲れもどこへやら,またまたバザールへ買い出しに行き,牛肉3.5キロと野菜を買ってきた。この日のメニューはすき焼き。去年ここで何度も作ったので,ここでの僕の代名詞のようになってしまっていたメニューだ。
 すき焼きは一品で済むので,肉さえ切ってしまえばあとは簡単。とはいえ,キルギスでは肉は塊でしか売っていないので,3.5キロを切り刻むのは結構たいへんだ。3人がかりで1時間近くかけて切った。日本のようにきれいな薄切りにはならないけれど,キルギスの牛肉は味が濃いので,多少厚めの方がえって肉の味が堪能できるのだ。

 この日はちょうど,翌日出発予定の旅行者が誕生日だったので,誕生日パーティーと歓送会を兼ねたような形になった。気合を入れて作ったすき焼きも幸い好評だったようできれいになくなった。うっかりしていて写真を撮り忘れたのが残念。


 ついでに今まで作った主なメニューを列挙すると,豚生姜焼き,豚の冷しゃぶ,親子丼,鶏ガラだしのにら玉スープなど。

 そんなこんなで,毎日お祭りのような日々を送っている。
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-21 16:54 | キルギス

ソン・コル(2)

 ソン・コルの朝はとても美しかった。標高が高いので非常に寒かったけれど,それを押してでも見る価値は充分にあった。

 夜明け前の薄明の中で,青く佇むソン・コルの姿は幻想的ですらあった。
e0105808_1854183.jpg

 やがて日の出を迎えると,光を浴びた草原が一気に生命感を帯びて輝き始める。
e0105808_1865752.jpg

 そして,日の出とともに人々の一日の生活もまた始まる。
e0105808_1875110.jpg

 陽と光の変化とともに,この場所全体が目を覚まし,劇的に,雄大に,その表情を刻一刻と変化させていった。


 この美しい場所で生活する人々もまた魅力的だった。コチコルで出会った人々と同じく,みんないい表情をしていた。特に子供たちのとびっきりの笑顔は忘れることができない。
e0105808_189893.jpg

e0105808_189588.jpg

e0105808_18111567.jpg

 一見素朴なソン・コルでの生活は,見た目ほど簡単なものではないはずだ。晴れた穏やかな日にはここの生活は満ち足りて見えるけれど,何といってもここは高地だ。僕が滞在した間にも目まぐるしく天気は変わり,雨だけでなく小指の先ほどの雹も降った。彼らは夏の間だけここで遊牧生活をしているけれど,夏とはいえユルタを張る5月や,山を降りる直前の9月・10月の気候はほとんど冬といってもいいはずで,そこで生活するのは僕たち旅行者が一見して理解できるほど生易しくはないだろう。

 この場所の魅力は,単に山と湖だけが作り出したものではない。美しくも厳しい環境の中で,ここに住む遊牧民の人々が長い年月をかけて確立した生活の知恵と技とが,自然と見事に調和している。その人々の営みと,そこに住む人々の表情が,ここをこの上なく魅力的な場所にしているのだと思う。

 去年一度ここへ来たにも関わらず,ソン・コルは今年も相変わらず僕を圧倒した。今回のキルギス滞在中にまたここに来よう。必ず,戻ってくるぞ。
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-17 18:11 | キルギス

ソン・コル(1)

 ソン・コル(ソンコルの“コル”は湖という意味。“ソンキョル”とか“ソンクル”ともいう。)はキルギスで2番目に大きい湖で,標高約3000mに位置している。コチコルの街からは車で約2時間。その道中の半分は未舗装だ。
 ソン・コルは夏の期間中,地元の人々に家畜の放牧地として利用されている。ここで遊牧生活を送っている人々のテント(ロシア語でユルタと呼ばれている)に,僕たち観光客は泊めてもらうことができる。ここは,キルギスの雄大で美しい自然と,キルギスの人々の遊牧の伝統を堪能することができる場所なのだ。

 この場所は,去年何も知らずにフラリとやって来た僕を一発でキルギス好きにさせてしまったところだ。今年になって日本を出て以来,僕はここを再訪するのがずっと楽しみだった。特に去年はソン・コルを訪れた時期が9月末と遅く,既に草の色が黄色く変わってしまっていた。もっと早い時期に来れば草が緑で綺麗だよと言われていたので,今年こそはと思っていた。
 そうして来てみたソン・コルは,去年とは全く違う圧倒的な色彩感をもって僕を出迎えてくれた。

 どこまでも続いているかのような広大な草原の脇に,様々に色調を変えるソン・コルが大きく横たわり,その草原と湖の周囲をぐるっと360度,山が囲んでいる。去年と違って全面が緑の草原は,陽が当たるとまるで草の葉自体がキラキラと輝いているかのようだった。
e0105808_17465689.jpg

e0105808_174758100.jpg

e0105808_17491762.jpg

 目に入る色はどれもこの上なく単純なのに,その組み合わせが素晴らしく新鮮に映る。その景色をどれほど注意深く眺めているつもりでも,視線をそらせると急に何か大事なものを見落としていたような気になってしまう。自分はこの景色の美しさを全然捉えきれていないのではないか。僕はソン・コルにいる間じゅうずっと,そんな気がしてならなかった。

 ユルタは湖岸に近いところにいくつも建てられていた。去年来たときより数が少し増えているようだった。去年は行った時期が遅かったので,いくつかのユルタが畳まれた後だったのだろうか。あるいは,ここを訪れる旅行者が増えているのかもしれない。
e0105808_17502118.jpg

e0105808_17522233.jpg

e0105808_17542624.jpg

 ソン・コルには2泊した。2日目が特に天気がよく,僕はユルタから2kmほど離れた丘まで歩いて行ってみた。高地なので空気が薄く,ちょっと歩いてもすぐに息が切れる。草原にはたくさんの花が咲いていて,その花を見ながらゆっくり歩いた。
e0105808_17561744.jpg

 のんびりと1時間近く歩いて,ようやく目指す丘に辿り着いた。ここから見渡す眺めは素晴らしかった。目の前には広大な草原が広がり,遠くに小さくユルタが見える。後ろを振り返ると,青空にまた山。
e0105808_17571285.jpg

e0105808_17582480.jpg

e0105808_17594748.jpg

 この丘に座っている時間が僕は好きだった。およそこれ以上はないと思われるほどの静けさの中で,小鳥のさえずりや虫の羽音,馬の嘶きなどが遠く聞こえてくる。余りに静かなので,相当遠く離れたところで犬が吠えているのも良く聞こえる。
 この静かな場所にあるのは,空と地面と自分だけ。穏やかにそよぐ風に包まれていると,時間の流れが止まってしまい,自分がそのまま空気の中に溶け込んでしまうかのようだった。
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-17 18:00 | キルギス

コチコルの街

 カザフスタンのアルマティで一泊したあと,キルギスへ移動した。キルギスは去年も訪れた国で,僕にとって大のお気に入りの国だ。
e0105808_17405419.gif

 首都のビシュケクで1週間ほどゆっくりして疲れを取ったあと,僕はビシュケクから車で3時間ほどのところにあるコチコルという街に行った。ここは街というよりも村という方がピッタリくるような,穏やかな場所だった。僕が行ったときはちょうど天気もよく,街の向こうにきれいな山並が良く見えた。
e0105808_17294127.jpg

 通りではすれ違う車が一旦停止して,運転手同士が窓越しに話をしている。村人みんなが顔見知りなのかもしれないと思わせるような光景だった。
e0105808_17305980.jpg

 こんな街だからメインストリートも小さい。ある通りの,ほんの数百メートルがこの街の中心部だった。
e0105808_1732423.jpg

 ここには露店も並んでいる。店の人も客もみんなキルギス系の人達で,ビシュケクでよく見かけるロシア系の人達はいなかった。
e0105808_17342547.jpg

 ここから5分も歩くと,家畜を放牧しているのが見えた。どこまでものどかな空気が漂っている。
e0105808_17354326.jpg

 街の反対側には小さな古いスタジアムがあった。とても静かで平和な空気の中,スタジアムの向こうには,雲ひとつない青空を背にどーんと山があった。
e0105808_17374911.jpg

 コチコルでは,旅行会社に紹介してもらって現地の家庭にホームステイさせてもらった。キルギス人の素朴な親切さは暖かく,また彼らの純朴な表情と素敵な笑顔は心に沁みた。ほんの一泊だけの滞在だったけれど,またここに来たいと強く思うような,心に残る時間を過ごさせてもらった。
e0105808_17385112.jpg

 一晩泊まって,もっと長居したいと後ろ髪を引かれる思いでここを後にした。この日は,コチコルから更に先へ進むことにしていたからだ。目的地は,ソン・コルという名の湖だ。
[PR]
# by Asirope2 | 2007-07-17 17:40 | キルギス