キルギス周遊(3)~ アルスランバブ

 一泊するつもりだったサル・チェレック湖で泊まれず,予定より一日早くジャララバードへ移動したので,少し寄り道することにした。行き先はアルスランバブという街。高い山の麓の避暑地で,ウズベク系住民の多いところだという。ジャララバードからはバスとタクシーを乗り継いで行った。

 避暑地というので静かで落ち着いた場所を想像していたのだけれど,実際に行ってみたアルスランバブの街は地元の家族連れがピクニックを楽しむような場所だった。広場にはプールやバスケットコートがあり,土産物屋やレストランがたくさんあった。楽しみにしていた山は残念ながら雲に隠れてしまって見えなかった。
e0105808_17571234.jpg

 少し歩くと素朴な風景もある。
e0105808_17582089.jpg

 近くには滝もあり,中には滝壺に入って嬉しそうにずぶ濡れになっている人もいた。
e0105808_17592875.jpg

e0105808_1804622.jpg

 ここはウズベク系住民の街というだけあって,人々の顔立ちも違えばかぶっている帽子の形も違う。イスラム色も強いようで,写真を撮っていいかと聞くと恥ずかしがって断る人が多かった。

 お昼ごはんはチャイハナという,中央アジアの伝統的なカフェで食べた。椅子ともテーブルともつかない高床式の座敷に腰掛けて,みんなくつろいでいた。
e0105808_182870.jpg

 ここは中央アジアの民族の豊かさを実感できる場所で意外に楽しめた。昼ごはんを食べた後は一度ジャララバードに戻り,そのままバスを乗り継いで次の目的地オシュに移動した。
[PR]
by Asirope2 | 2007-08-05 18:03 | キルギス
<< キルギス周遊(4)~ 多民族都... キルギス周遊(2)~ サル・チ... >>